車 売却

ステージア(日産)

ステージア(日産)とは

 

ステージア(日産)とは、1996年から2007年まで製造・販売されていたステーションワゴンです。
ベースは、スカイライン、ローレルのプラットフォーム。
ステージアは英語で「舞台」を意味し、
「STAGE」に「Advance」の“A”を組み合わせてつけられた造語といわれています。

 

 

一番最初に出たモデルは、Lクラスステーションワゴン専用車種として、
ローレルとスカイラインのシャーシと、走行装置を採用しており、
搭載エンジンは直列6気筒RB25DET型インタークーラー付ターボとRB30DE型、RB20E型になります。
ステーションワゴンに6気筒のターボエンジンを搭載したのは、7代目スカイライン以来となるとか。

 

 

 

ステージアは、2001年から2007年までの2代目モデルで生産が終了していますが、
2代目は、2001年10月にM35型にモデルチェンジされ、FMプラットドームを採用。
その他にも、樹脂製のバックドアや
和ドン専用新開発マルチリンクリヤサイスペンションなどを採用しています。
2004年にマイナーチェンジされ、内外装とエンジン、グレードが見直しされ、
3Lモデル・2.5Lターボモデルが廃止されました。

 

 

 

2007年6月には生産が終了されましたが、
モデルチェンジされることなく終了となってしまいました。

廃車をするときに使用されるプレスについて

 

廃車には、プレスという機械が使用されます。
プレスというものは、
ご存じの方も多いのではないでしょうか。
一言でいうと、
ぺっしゃんこの状態にすることを言います。

 

 

 

廃車のプレスは、
その名のとおり車をぺっしゃんこにすること。
あんなにも大きな車が、
プレス機を使うといとも簡単に
ぺっしゃんこになってしまいます。

 

 

このプレス機、用途た目的によってものが異なります。
車やバイクをプレスするわけですから、
当然形状は大きなものになります。
しかし、車のプレスはとても繊細なものです。
廃車したい車を、そのままプレスするわけにはいかず、
プレス前に部品を取り外すなどの作業が行われます。
この工程をスクラップ工程といい、
この工程を踏まないことには、
プレスすることはできないのです。

 

 

さらに、ガソリンも抜き取らなければいけません。
しかもこれまでの工程はすべて手作業になります。
そして、すべて解体をした後に、
ようやくプレス機でぺっしゃんこにされます。

 

 

 

廃車のプレスは簡単に思われがちですが、
工程をしっかり踏まないことには、
プレスすることはできません。

 

車売る おすすめの売却店